キャッシュレス

iPhone SE2(第2世代) キャッシュレス時代におすすめの背面手帳型ケース

クレジットカードやスマートフォンによるQRコード(バーコード)決済ができる場所が増えていて嬉しい限りですね。

しかし、残念ながら現金決済のみ対応のお店はまだまだあります。

私は現金決済のみのお店には基本行かないようにしていますが、それでも現金を出さなければいけない場面がたまにあったりします。

携帯や財布、カード類を全部持ち歩くと、何気にかさばるので面倒くさいですよね。。

財布と一体型のスマホケースは便利だけど、私は一般的な手帳型ケース(ダイアリータイプ)はあまり好きではないです。

表紙を開いたり閉じたりするのが面倒だし、写真を撮りたい時にケースを180度開いたままじゃないと撮影ができないという欠点が・・

そんな中、色々と商品を探し求めていたところ、私にぴったりなスマホケースに出会いました。その商品がこちら。

iPhone SE(第2世代)用にはなるのですが、iPhone8や7にも対応しています。

このケースは一般的な手帳型ケースと違い、iPhoneの背面に付けるタイプなので、画面操作時にケースを開いたり閉じたりする必要がありません。

ボタン部分はマグネットフックになっており、中を開くとカード類が入れられるポケットが2つと、マルチポケット(スリット)が1つあります。

マルチポケットの奥行きはそんなに深くないので、私はここにお札(緊急時用)を4つ折りにして入れていますが、切符や電車の回数券などをいれる場所としても便利です。

中でも私が便利だと思ったのは、外側にあるファスナー付きのポケットです。

現金決済しかできないお店でお釣りをもらった時などに大活躍してくれますし、このように家の鍵などを入れるスペースとしても便利です。

多少の厚みは増しますが、私は特に気になりませんでした。

会社のお昼休憩や、ちょっとした外出であればこれ一つで出かけられますし、大きい財布の必要性は感じなくなりました。

また、おまけ程度の機能ですが、横置きのスタンドとしても使用できるので、動画視聴もできます。

デメリットしては、厚さが増す分「ケースを装着したままではワイヤレス充電ができない」ことですね。

ワイヤレス充電をメインに使用している方は、いちいちケースを外す必要があるので、この点は少し使いづらいかも知れません。

その他キャッシュレスに関するおすすめアイテムは、下記の記事も参考にしてみてください!