キャッシュレス

Apple Payに登録した三井住友カード(NL)でコンビニでタッチ決済する方法【ポイント最大5%還元】

今回はタイトルの通り、Apple Payに登録した三井住友ナンバーレスカードを使ってコンビニエンスストアでタッチ決済をする方法について解説をしていきます。この方法を実践すれば、三井住友カードNL(物理カード)を持ち歩く必要がなく、Apple Payに登録したiPhoneをレジでかざすだけでスムーズな支払いができるようになるになる他、3大コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)やマクドナルドでもポイント最大5%還元が可能になります。

三井住友カード(NL)をApple Payに登録する

Apple Payへの登録がまだの場合、まずはクレジットカードをApple Payに登録しておきましょう。三井住友カードNLが手元にあるなら登録はとても簡単で、1分程度あればできます。

Apple Pay対応のiPhone/設定可能カード一覧はこちら

Apple Payに登録したiPhoneを持っていざコンビニへ

Apple Payに登録が済んでいれば、あとはiPhoneを持ってコンビニで決済するだけです!iPhoneの「Walletアプリ」もしくは三井住友カードの「Vpassアプリ」を起動して「三井住友カードNL」を選び「Visaタッチ決済」もしくは「Mastercardコンタクトレス決済」で支払いをしてみましょう。

Vpassアプリのダウンロードがまだの方はこちらから

店員さんには「クレジットカードで」と伝える

一番の問題はレジでのお会計時です。「Visaをタッチで!」「Mastercardコンタクトレスで!」と言っても、まだそもそもの認知度があまり高くないので、理解してくれる店員さんは少ないです。なので、会計時には「クレジットカードで」というのが一番伝わりやすいかと思います。あとは、カードを選レジに備え付けの端末(リーダー)にiPhoneの上部をかざすだけでOKです。↑の画像はセブンイレブンにて「Mastercardコンタクトレス決済」で支払いを行った場合です。各コンビニによって、それぞれ設置してある端末は異なりますが、やり方は自体はどれも同じです。もらったレシートに「CL」記載がされていればちゃんとコンタクトレス決済が出来ています。この「CL」はクレジットカードの非接触決済(Contactless)を示しています。

IDで支払いをしないように注意

三井住友カード(NL)はIDでの決済にも対応していますが、IDで支払った場合は5%還元の対象外になります。レジでスマホの画面見せ、うっかりID支払いと勘違いされないように注意しましょう。お会計時には「クレジットカードで」としっかり伝えましょう。尚、IDで支払った場合は「タラントロン♩」といったような音が鳴るのが特徴です。

以上、三井住友カード(NL)は2021年持っておきたいクレジットカードの1つです!キャッシュレスのキャンペーンなどがない限り、各コンビニでの支払いはこちらのカード一択になるかと思います。