キャッシュレス

【三井住友ナンバーレスカード】iPhoneユーザーはMastercardブランドがおすすめ【Visaとのデュアル発行(2枚持ち)も可能】

3大コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)とマクドナルドでクレジットカードのタッチ決済を行った場合、常時5%の還元率を誇る脅威のクレジットカード、三井住友ナンバーレスカードポイ活好きであれば持っておきたいクレジットカードの1つ。私はVisa/Mastercardブランドの両方を持っていますが、国際ブランドに特に拘りがなければMastercardでの発行がおすすめです。特にiPhoneを使っている方はMastercard一択になるかと思います。その理由を以下で解説していきます。

Mastercardコンタクトレス決済で常時5%還元

Mastercardコンタクトレス決済はクレジットカードやiPhoneを端末にかざすだけで支払いが可能な非接触決済サービスです。使用するにはまず国際ブランドがMastercardであることが条件で、対応しているカード↓のようなリップルマーク表記されています。Apple Payにも対応しているので、ID(アイディ)やQUICPay(クイックペイ)などと同様、予めiPhoneにクレジットカードを登録するとiPhoneのみで使うができます。もちろん、クレジットカード本体をかざしての決済も可能です。どちらで支払いを行っても還元率は5%なので、一度カードの登録を行なってしまえばクレジットカード自体は持ち歩かなくてもよくなります。

コンビニでのMastercardコンタクトレス決済を行う場合、間違ってIDで支払わないように注意しましょう。支払い時は「Mastercardコンタクトレス決済で」もしくは「クレジットカードで」と店員さんに伝え、クレジットカードもしくはiPhoneを端末にかざせばOKです。Mastercardコンタクトレス決済はまだそこまで普及していない為、認知されてない場合が多いです。一方で三井住友ナンバーレスのVisaブランドは、Apple Payに登録するとIDでの決済が可能になります。しかし、IDで決済を行った場合は「クレジットカード払い」の扱いになるので、還元率5%は適応されません。

Visaブランドで還元率5%を受けたい場合は、必ずVisaタッチ決済(物理カードをかざしての決済)が必要になります。物理カードを持ち歩く必要がないのが最大のメリットです.。2021511日よりVisaカードはついにApple Payに対応しました。これにより、三井住友カードNLVisaブランドも「Visaのタッチ決済」がiPhoneApple Watchでも利用可能になりました。

ちなみにAndroid端末でのMastercardコンタクトレス決済は対応していません。

カード発行後はブランドの切り替えが不可

一度発行したカードはブランドの切り替えができません。最初にVisaカードを発行し、後からMastercardで使用したくなった場合などは、自動的に2枚目のカードを発行する必要があります。私も最初はVisaブランドでカードを発行し、物理カードでのタッチ決済をしていましたが、荷物が多いときなどカードを取り出すのがやはり不便です。また、普段持ち歩くカードを1枚でも減らしたかったので、2枚目となるMastercardを新規発行しました。(VisaカードがApple Payに対応してからはほぼ出番はなくなりました・・)

Mastercardブランドなら「au PAY」にチャージ可能

au PAYを使わない方や、クレジットカードからのチャージを行わない方にとってはあまり関係ないかもしれませんが、三井住友ナンバーレスカードはMastercardブランドのみ、au PAY残高にチャージが可能です。一方、Visaブランドはチャージ可能なクレジットカード下記にように限られていて、キャッシュレス派にとっては使い勝手がよくないです。

au PAYは「20%還元」など下記のような大きいキャンペーンが多く、おすすめのスマホ決済の1つです。

ということでキャッシュレスの大きなキャンペーンなどがない時は、今後コンビニやマクドナルドでの決済は三井住友ナンバーレスカードのタッチ決済が主流になります。

iPhoneユーザーはau PAYにもクレジットチャージが可能な「Mastercardブランド」での発行が使い勝手も良くおすすめです!