楽天モバイル

楽天スーパーホーダイからRakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)への移行【注意点を解説します】

タイキ
タイキ
「楽天モバイルから、楽天アンリミットに移行しても大丈夫かな…。でも通信が不安定だったらどうしよう。再度楽天スーパーホーダイに戻すことはできないのかな?」

こういった悩みに答えます。

本記事の内容

・楽天アンリミットへ移行してもいい人の特徴
楽天スーパーホーダイのドコモ回線を使用をしてる方は注意

この記事を書いている私は、楽天モバイルのスーパーホーダイを契約していますが、先日新規で楽天アンリミットの契約もしました。
楽天モバイルのスーパーホーダイを契約していて、楽天アンリミットへの移行を考えている方は是非この記事をご覧ください。

楽天アンリミットへ移行してもいい人の特徴

Rakuten UN-LIMIT

下記に当てはまる方は移行を検討するのもありです。

楽天回線対応機種を持っている
・都内に住んでいる(主に都市部に住んでいる方)

1:楽天回線対応機種を持っている

現時点で楽天回線対応機種をお持ちの方、あるいは楽天回線対応機種を購入する予定のある方であれば、動作保証がされておりますので問題ないです。

楽天アンリミットは、「楽天回線対応製品以外での動作保証はしておりません。」と正式にホームページで発表しております。

楽天回線(アンリミット)対応機種はこちら

こちらに記載されていないスマートフォン以外でも、「比較的新しい端末であれば使用できる」という報告を見かけますが、細かい設定に自信がない方には、正直あまりおすすめできないです。

また、人気のiPhoneでも使えるのか気になりますが、iPhone XS以降の端末であれば、問題なく動作しているという報告もあります。iPhone SEの2020年モデルも使うことができるようです。

しかし、iPhone X以下の端末で使うには、細かい設定が必須のようです。

※公式上ではiPhoneは非対応となっておりますので、あくまで参考程度でお考えください<(_ _)>

2:都内に住んでいる(主に都市部に住んでいる方)

楽天回線の対応エリアは、少しずつ増えていってはいるのですが、それでもまだまだエリアは狭いです。

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都に在住で、主に都市部に住んでいる方、また、その中でも楽天スーパーホーダイのau回線を使用していた方であれば、あまり心配になる必要はないかと思います。

楽天アンリミットは楽天回線対応エリアでなくても、パートナー回線によるローミング接続が可能ですが、このパートナー回線はau回線となります。

パートナー回線では月5GB使用できるので、現時点で楽天スーパーホーダイのau回線を使用している方であれば、通信速度に関しては特にストレスなく使えるかと思います。

また、データ経過後は最大1Mbpsで使い放題なので、ここも楽天スーパーホーダイと同じで安心です。

楽天スーパーホーダイの、ドコモ回線を使用している方は注意

楽天スーパーホーダイの、ドコモ回線を使用をしてる方は、移行に注意が必要です。

住んでいる地域によって、回線が安定しない場合があります。

現時点で、ドコモ回線の通信に満足しているのであれば、移行は良く考えたほうがいいかも知れません。

また、ここが最大のポイントでもあるのですが、楽天スーパーホーダイから楽天アンリミットに移行した後に、再度楽天スーパーホーダイに戻すことはできないので、上記のような不安がある方は注意が必要です。

まとめ:自分の住んでいる地域と、契約しているプランを確認して移行するかを決める

記事のポイントをまとめます。

・使用したい端末が楽天回線対応製品かチェックしよう。
主に都市部に住んでいる方で、楽天スーパーホーダイのau回線を使用している方は移行を検討しても良い。
・楽天回線エリア外のパートナー回線はau回線のみ。
・楽天スーパーホーダイのドコモ回線に満足している方は、移行しないほうが良い場合も。
・楽天スーパーホーダイから楽天アンリミットに移行後、再度楽天スーパーホーダイに戻すことはできない。

こんな感じです。

楽天アンリミットは2年縛りや解約金はかからないですが、移行の場合は注意が必要です。

満足な通信ができなかったら日常生活での生産性も下がりますし、なんといってもストレスになると思います。

2021年の3月までには、楽天回線のエリアを全国に拡大するということなので、今後にも期待しましょう。

楽天アンリミットに関しては、下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

【楽天アンリミット】Galaxy S8(アンドロイド)が繋がるか検証【楽天対応機種以外は繋がらない!?】

というわけで今回は以上です。

今後も楽天アンリミットに関する記事を書いていく予定です。