キャッシュレス

【2021年最新版】Visaタッチ決済におすすめのクレジットカード5選【還元率重視】

クレジットカードやスマートフォンをリーダーにかざすだけで支払いが可能なタッチ決済。(非接触決済サービス)レジでの支払い方法をこのタッチ決済にするだけで、カードの還元を受けられるクレジットカードや、キャンペーンなども開催されていてとても嬉しいですね^^

今回はそのタッチ決済におすすめのクレジットカードを5つ紹介していきます。どのカードも年会費、還元率、利便性など含め、おすすめできるクレジットカードです!

Visaタッチ決済可能のおすすめクレジットカード5選

Visa LINE Payクレジットカード

Visa LINE PayクレジットカードはVisaのタッチ決済に対応しています。2021年5月よりカードの還元率が3%→2%に下がりましたが、それでも還元率は2%を誇り今回紹介するクレジットカードの中でも基本還元率が最も高く、メインカードとして幅広く使えるカードです。全国のVisa加盟店で使える他、IDでの決済にも対応しているので、このカード1枚とPayPayなどのコード決済を組み合わせれば、かなり幅広いお店でキャッシュレス決済が可能です。

年会費は通常1,250円(税別)かかりますが、初年度は年会費無料で、2年目以降も年1回以上の利用で無料にすることができます。
溜まるポイントは「LINEポイント」です。1ポイント1円として、コンビニやスーパーを含む全国のLINE Pay加盟店でのお支払いに利用可能な他、LINEスタンプなどの各種LINEのサービスでも利用可能なので、ポイントの使い道は豊富です。

2021年3月16日よりLINEポイントはPayPayが提供する「PayPayボーナス」へのポイント交換が可能になり、これで「LINEポイント」1ポイントに対して、「PayPayボーナス」1円相当として使うこともできるようになりました。(交換手数料無料)PayPayが提携するサービスや加盟店でも使えるようになったので、利用シーンや用途が大幅に拡大し、溜まったポイントを無駄なく使うことができます。

Visa LINE Pay
クレカ公式ページ

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

楽天カード

言わずと知れた楽天カードは、Visa/Mastercardで発行した場合、タッチ決済対応カードが発行されます。通常の還元率は1%ですが、楽天市場内でのお買い物だといつでも3%になります。楽天経済圏必須のクレジットカードです。

年会費は永年無料で、溜まるポイントは「楽天ポイント」です。楽天ポイントは楽天ペイアプリとの組み合わせが相性抜群で、1ポイント1円として楽天ペイアプリが利用できる街のお店のお買い物などで使うことができます。PayPayと同じく使えるお店も多いので、ポイント消化に困ることがありません。私は日用品などをなるべく楽天市場で購入するようにして、溜まった楽天ポイントはくら寿司などで食事をして利用しています。

楽天ペイが使える街のお店はこちら

万が一カードの不正利用があった場合などの金額保証もついていて、カード利用時のお知らせメールなども便利です。セキュリテイ面でも安心できるカードとなります。

楽天カード新規入会キャンペーン

三井住友ナンバーレスカード

2021年に新しく登場した三井住友ナンバーレスカード(三井住友カードNL)は、Visa/Mastercardともにタッチ決済に対応しています。このカードのメリットはセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドでタッチ決済を行った場合、5%の還元率を誇ります。店舗が限定的ではありますが、5%還元はかなり大きいです。

年会費は永年無料で、溜まるポイントは「Vポイント」です。Vポイントは「Vポイントアプリ」を利用することで、1ポイント1円として街のお店でのお買い物や、ネットショッピングの支払いなどに使うことができます。

三井住友カードNLは、カード番号などがどこにも印字されていないナンバーレスカードで、カード番号/有効期限などの情報はスマートフォンの「Vpassアプリ」をダウンロードすると確認することができます。ちなみにiPhoneを使っている方はMastercardでの発行もおすすめです。理由はこちらの記事で詳しく解説しています。

三井住友カードNL
公式ぺージ

エポスカード

エポスカードは2021年4月よりデザインが新しくなり、ついにVisaのタッチ決済に対応しました。カードの還元率は0.5%と低いですが、エポスカードはエポスゴールドカードにランクアップすると、「選べるポイントアップ制度」により最大2.5%還元を実現します。

選べるポイントアップ制度についての詳細はこちら

年会費は永年無料で、溜まるポイントは「エポスポイント」です。エポスポイントはマルイの店舗や通販(ショッピングサイト「マルイウェブチャネル」)での精算時に、1ポイント1円として使うことができます。また、エポスNetを使えばAmazonギフト券などの商品券に交換することも可能です。

エポスゴールドカードは通常年会費が5,000円(税込)かかりますが、エポスカードからゴールドカードのご招待(インビテーション)によりお申込みした場合は、年会費永年無料で使うことができるゴールドカードです。海外旅行時のケガや病気、携行品の損害に対しても補償の内容が充実しているので、持っておいて損のないクレジットカードです。

Kyash Card

Kyash CardはVisaのタッチ決済に対応しています。クレジットカードではなく、正確にはプリペイドカードですが、Visaプリペイドカードなので国内外3800万店以上の加盟店で使うことができます。還元率は2021年2月10日(水)より、決済のみの利用の場合は1%→0.2%に改悪されました。

年会費は無料ですが、カード発行には発行手数料900円がかかります。

このカードの便利なところは、普段使っているクレジットカードを紐づけて利用できる点で、「クレジットカードからのチャージ」+「Kyash Cardでの支払い」でポイント二重取りが簡単に可能にです。また、タッチ決済に対応していないクレジットカード(Visa/Master)も、上記のようにKyash Cardを紐づけて使用することにより、間接的にVisaタッチ決済ができるようになります。

利用時に、スマートフォンに届く利用明細のリアルタイム通知も便利で、カードの不正利用などを防ぐセキュリティ面でも安心です。
Kyash Cardはご家族やご友人の方を招待できる、「友達紹介プログラム制度」により、現在900円相当のKyashポイントがもらえるので、実質発行手数料900円を無料にすることも可能です。招待した方も300円分のKyashポイントがもらえるので、ご家族やご友人の方がすでにKyash Cardを発行している場合は招待制度を活用しましょう。

条件などの詳細はKyash公式ページより

まとめ

Visaのタッチ決済可能なクレジットカードおすすめ順は下記の通りです。

Visaタッチ決済おすすめのクレカ

●Visa LINE Payクレジットカード

●楽天カード

●三井住友ナンバーレスカード

●エポスカード

●Kyash Card

中でも私がおすすめするクレジットカードは、場所を選ばずに還元率2%がとれるVisa LINE Payクレジットカードです。今後改悪になる可能性はありますが、LINEポイントは「PayPayボーナス」へのポイント交換が可能になったことで、利用するシーンや用途が大幅に拡大しました。溜まったポイントを無駄なく使うことができます。